開催概要

本イベントは、健常者はもちろん障がいを持つ子供達に広く参加していただく、群馬県内の子ども向けプログラミング系イベントです。第5回目となる今回は、事前に専用アプリ(本サイト)よりアイデアの応募を受け付け、開催日は1日で実際のプログラミングを完成させるイベントとなります。

また、本イベントは今回よりUDC(Urban Data Challenge:アーバンデータチャレンジ)の群馬県事務局としてオープンデータ(主に地理空間情報)を活用した地域課題を解決するコンテストの一部となるため、新たに学生部門を設け、子供たちのみならず大学生までを巻き込んだパブリックな意味合いを持つイベントとして開催することとなります。

UDC(Urban Data Challenge:アーバンデータチャレンジ)とは?

開催時期

アイデアソン応募期間:2018年8月1日(水)〜2018年9月23日(日)
ハッカソン開催時期:2018年9月29日(土)10:00〜17:00

開催場所

キッズ部門

コワーキングスペース・田舎フェ
群馬県前橋市千代田町5丁目13-9
※JR前橋駅より徒歩12分・中央前橋駅より徒歩1分。
※都合により変更になる場合がございます。

学生部門

田舎ンファレンスルーム・城東
群馬県前橋市城東町4丁目2-45
※JR前橋駅より徒歩15分・中央前橋駅より徒歩1分。
※都合により変更になる場合がございます。

アイデアソン・ハッカソンについて

アイデアソンとは?

特定のテーマについてグループ単位でアイデアを出し合い、それをまとめていく形式のイベント。
アイデア(Idea)とマラソン(Marathon)を合わせた造語で、2000年代に米国で使われ始めたと
言われている。特定のテーマに興味と知識を持ったITエンジニアやデザイナーらが集まってグループごとにソフトウェアを開発・改良し、その完成度を競うイベント「ハッカソン」(Hackathon:ハッキングの Hackと Marathon を合わせた造語)の事前ミーティングとして開催される場合が多い。

ハッカソンとは?

《「ハック」と「マラソン」からの造語》ソフトウエア開発者が、一定期間集中的にプログラムの
開発やサービスの考案などの共同作業を行い、その技能やアイデアを競う催し。
期間は普通数時間から数日程度。企業内で研修の一環として行われるほか、大手企業が広く外部から参加者を集めて自社の製品やサービスに役立つアイデアを競わせたり、ベンチャーキャピタルによる出資対象の選定に利用されたりする。

Scratch(プログラミング言語)とは?

Scratch(スクラッチ)とは初心者が最初に正しい構文の書き方を覚えること無く結果を得られる
プログラミング言語学習環境。 ScratchはアメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボが開発した、プログラミングの知識が無い小学生でもPCのゲームが作れるツール。
遊び心のある実験やインタラクティブアニメーション、ゲームなどの製作を通してさらなる学習の
やる気を起こさせることを意図している。

本件に関するお問い合わせ

ぐんまアイデアソン・ハッカソン実行委員会(株式会社ブレインファーム内)
群馬県前橋市千代田町5丁目13-9 TEL.027-288-0222

株式会社ブレインファーム

アイデアソン・ハッカソン応募要項

ぐんまアイデアソン・ハッカソン2018には「キッズ部門」と「学生部門」があります。詳しくは応募要項をご覧ください。